[Edit]
[日記2004年11月24日(水)に思った哲学のこと

Cc:現在

Cc:現在

未来の自分を喜ばせるために、今日、頑張っている。
過去の自分を裏切らないために、今日、頑張っている。

時間はつながっている。
現在だけがポツンとあって、好き勝手に使えるわけじゃない。
この考えには、先祖への感謝、子孫への責任も含まれる。

偉そげな意見だが、そう思えたときは不思議な充実感があった。
──昨日よりも今日、今日よりも明日。
生きる力が湧いてくるようだった。

. . . とはいえ、気を抜くとやっぱり停滞してしまう。
なんだか同じような日が連続してしまう。
無人島に漂流した男が、日にちの感覚を失うのに似ている。

そこで、いろんなものを記録して、時間経過がわかるようにした。
mixi では毎日、日記をつけて、番号もふった。
番号が増えていくと、経過した日数がハッキリわかる。
無人島に漂流した男が、ナイフで日にちを刻んでいるようなもんだ。

今ここにいることは、神サマからの贈り物だ。
1日1日を大切にしたい。
そう思っていることを記録して、明日の自分に届けている。

──しかし、閉じた日記は続けられない。
不思議なもので、それがたとえ自分のためであっても、誰も見ていない/誰にも影響しないことは、なかなか続けられないのだ。
ひとは、広大な世界とつながっており、その部分を担っているからだと思うし、そう思いたい。

なので、日記を公開している。
なので、みんなの意見を聞きたいと思う。
公開することで、日記に命が宿るし、未来に届けることもできる。

この際だから、ちょっと恥ずかしいことを言わせてほしい。

  私は、日記を書いているのではない。
  あなたの心に、書き込んでいるのです。

※写真は、書き込めなかったときの再現図。

Share

Next