日記  2005年12月06日(火) に思った 哲学 のこと

善意の体現者

善意の体現者
Hのたのみを、私は断ってしまった。もう、言い訳できない。「余裕がない」とか「関係ないから」ではなく、私は市民活動(善意)がキライなのだ。キライだから、やりたくないのだ。

率直に言いすぎてしまった。
私は距離を感じていた。Hはいい人の世界、私は悪い人の世界に属している気がする。募金もせず、プロ市民を揶揄する自分が、とてもイヤな人間に思えた。
恐縮する私に、Hはこう言ってくれた。

「会社ってのはさ、雇用を創出し、世の中を豊かにするんだ。
 会社が存在するおかげで、ボランティアに参加できる人が増えて、
 保護を必要とする人が減る。これは大きい。

 100円や千円の募金なんて、ヒラがする必要はない。
 そんなちっぽけなことで満足しないでくれ。
 もっと会社を大きく、効率化してくれ。
 そうすることで、世の中に貢献できているんだ。

 やり方はちがうけど、
 おれとヒラは、同じ世界に立っているよ。」

──鼻の奥がムズムズした。

この日は、小説家志望のライターGもいっしょに呑んでいた。
※私とHとGは、高校時代からの付き合いなのだ。
Gがツッコミを入れた。

「そうだな。
 この3人の中じゃ、おれがもっとも駄目だ。
 おれは、自分を喰わせるのが精一杯の100円ライターだ。
 起業する予定はまったくないし、
 他人の面倒まで見られる性分でもないからな。」

自虐的なGに、Hはこう言った。

「Gは小説を書くんだろ。
 世界中の言語に翻訳されて、
 多くの子どもたちを感動させる物語を書くんだろ?

 それこそが、Gにしかできない活動なんだよ

 それに比べれば、市民活動で救える人数なんて、ごくわずかだ。
 世の中のために働くことに変わりはないよ。」

Gも言葉を失って、ウーロンハイをあおった。
私は重ねて、Hをスカウトできないことを悔やんだ。

──誰もが善意をもっている。
市民活動とは、顕在化した(目に見える)善意なんだ

彼らと接するとき、私たちは自分の中の善意と照らし合わせる。
近ければ共感し、遠ければ違和感を覚える。
だが、自分の善意にぴったり合致する行為なんて、あるんだろうか?

現実を知ろうとせず、数百円のバンドでイイコトしたと錯覚する。
いたいけな子どもを使って、募金をせびろうとする。

どちらにも善意を感じない。
それはチガウと思う。では、どういうものが善意なのか?
Hは教えてくれた。

「いま、きみがやっていることが、きみの善意だ。」

コメント (Facebook)

思考回廊 日記
善意の体現者