日記  2006年01月02日(月) に思った 哲学 のこと

セルフイメージ

セルフイメージ

人づきあいは苦手だ。

なぜそう思うのか、自分なりに分析してみた。

 1.私は自分をよく見せたい。よく思われたい。
 2.にもかかわらず、見せたい自分のイメージが固まっていない

「よく見せたい、よく思われたい」のはみな同じ。
しかしどんな状態を「よい」とするかは人それぞれ。“なんでもオールマイティにこなせる”と思われたい人もいれば、“ふだんはぜんぜん駄目だけど、ゲームだけは強い”と思われたい人もいるだろう。
評価の高い/低いは関係ない。周囲から見た自分のイメージが、自分が思い描くそれに近ければ「よい」というわけだ

私の場合、仕事におけるイメージ(役柄)は決まっている。それも何種類かあるから、状況に応じて使い分けることもできる。
比べると、プライベートの「私」は悲しいほど確立されていない。

──ヒラ太郎はグルメ? 健康志向? 社交的?

そう言われても実感がない。
そりゃ、褒められれば嬉しいけど、自分が見せたいものとは違うように思う。ここで悩んでしまうから、人間関係がギクシャクしてしまうのかもしれない。

私は、どんな自分を見せたいのだろう?
どんな自分になりたいのだろう?
1年以上も日記を書いてきて、まだそんなことを悩んでいる。

結局、“考えすぎな人”が、私のセルフイメージなのかもしれない。

コメント (Facebook)

思考回廊 日記
セルフイメージ