[Edit]
[日記2006年01月04日(水)に思った哲学のこと

その先へ

その先へ

顔は、隠しておいた方がいい。

なぜって、世の中には変なヤツが多いから。こちらに落ち度がなくても、一方的に難癖つけてくるヤツもいる。いないと言えるだろうか?

気をつけるのは、悪意だけじゃない。
好意だって暴走すれば驚異となる。ネット上のテキストコミュニケーションで、相手のなにが見抜けるだろう? 人と接することそのものがリスクだ。人間関係は、なにがキッカケでおかしくなるかわからないのだから。

......だが、恐れていてはなにもできぬ。
というわけで昨年は、警戒レベルを引き下げて対応してきた。その結果、得られたものはじつに多い

「与えよ、さらば与えられん」

新約聖書-ルカ福音書6

さて、本題はここから。
そうはいっても、世の中には不条理もある。誰とでも仲良くできるわけじゃない。

ドアが開いて、その人と知り合えた。
その人との関係がどうなるかは、これからの話。仲良くなれるかもしれないし、不愉快な展開を迎えるかもしれない。そのときは、どのように距離を置き、どう仲直りすればいい? 好意がもてる相手には、どう踏み込めばいい?

顔を隠しておけば、そもそも悩むことはない。
しかし私は、顔をさらしてなお、うまくやっていける知恵を身につけたい。未知なる人と出会うとき、リスクを感じないわけじゃない。だけどその先に、欲しいものがあるように思えてならない。

さて、今夜の会が楽しみだ。

Share

Next