[Edit]
[日記2006年03月04日(土)に思った哲学のこと

ツンデレ娘と天然娘

ツンデレ娘と天然娘

ツンデレ娘と天然娘、ある条件を満たせば、どちらも魅力的だ。

ツンデレ
素直になれない人。空気を意識しすぎて、感情をうまく表現できない。なので虚勢を張ったり、態度が急変したりする。
天然
素直な人。空気が読めないので、感情をストレートに表現してしまう。喜怒哀楽がハッキリしているから、好感がもてる。

共通しているのは、「内面の純真さ」だ。内面の純真さがあれば、それが屈折してもストレートに噴出しても許容される。
ちょっと例を挙げよう。

状況:

主人公(♂)が「クッキーを食べたい」とつぶやいた。それを、思いをよせるツンデレ娘と天然娘が聞いていた。

ツンデレ娘:
  • 不器用なのに、一生懸命がんばってクッキーを焼く。
  • しかし手渡すことができず、困り果てる。
  • 「余り物なんだから!」と投げつけて、立ち去ってしまう。

彼女のがんばりに気づいて、主人公は感動する。

天然娘:
  • クッキーを焼こうとするが、なぜかパンになる。
  • しかも失敗して、ピザになってしまう。
  • 主人公は昼飯もピザだったのに、食べてほしいと渡してしまう。

その飾らない気持ちに気づいて、主人公は感動する。

うーん、青春だねぇ。

さらに掘り下げると、共通しているのは主人公の視線だ。つまり、内面の美しさを見抜く目があれば、外面の不整合など問題ではないのだ。ひとは、贈り物の値札ではなく、込められた想いに感動するのだから。

......で、この日記のオチなんだけど、恥ずかしくなったので次回にまわします。

Share

Next