日記  2006年04月24日(月) に思った 健康 のこと

チョコレート効果

チョコレート効果

SNAさんの日記で紹介されていた「チョコレート効果」を試してみた。

私はこのシリーズを食べたことがないので、3種類まとめて買ってきた。それぞれカカオ成分が72%、86%、99%であるらしい。箱には「健康とおいしさを考えた大人のチョコレート」と書いてある。どう考えたのだろう? 明治製菓のホームページを訪れてみたが、それらしい説明はなかった。まぁ、いつもの飾り文句だな。

チョコレートに含まれるカカオ・ポリフェノールが注目を集めているようだ。それこそ万病に効くかのごとく語られている。「チョコレートダイエット」なんてのもある。このブームに乗っかって開発された商品なのだろう。

ともかく食べてみた。結論から言うと、

ウ ル ト ラ ま ず い!

72%はまだいい。苦いチョコレートと言える。しかし86%になると、もう美味しさはない。そして99%、こいつはスゴイ。食べ物じゃない。クレヨンを食べているような感じ。あるいは、辛くないカレールゥか。99%には、下記のような注意文がある。

お口で少しずつ溶かしながら、又は甘い飲み物と一緒に召し上がることをお勧め致します。

というか、単品では食べられませんよ!
この渋さを緩和できる甘い飲み物がない。あれこれ試してみたが、甘いチョコレートといっしょに食べるのがいいみたい。つまり、ミルクチョコレートで挟んで食べるわけだ。
これなら、なんとか食べられるものの、高純度カカオである意味がまったくないな

これはチョコレートではなく、その原料だ。このまま食べるのはおかしい。つまるところ、話のネタでしかない。これが「健康とおいしさを考えた大人のチョコレート」というのは、皮肉なのかもしれない。

コメント (Facebook)

思考回廊 日記
チョコレート効果