日記  2006年10月08日(日) に思った 経済 のこと

いしのなかにいる

いしのなかにいる

「ここが、世界でいちばん駄目な場所なんだな」

イヤなことがあると、そう思うことにしている。
肩をすくめ、最低最悪の状況に巻き込まれてしまった不運を呪う。
やれやれ、だ。

もちろん、実際にはそうじゃない。
こんなことは、世界中に満ちあふれている。どこに行っても同じような場面が展開している。べつに注目する価値もない、ありふれた話だ。

しかしそれでは、あまりにも夢がない。

ここは、世界でもっとも駄目な場所なんだ。そうに決まってる!
よそに行けば、もっとマシな状況になるはずだ。そうであって欲しい!

今日がどんなにつらくても、絶望することはない。
しかし明日も同じことがつづくと思うと、魂は黒く染まる。

くだらない映画が上映されている。

こんなものを見るために、生まれてきたんじゃない。

コメント (Facebook)

思考回廊 日記
いしのなかにいる