[Edit]
[日記2007年02月10日(土)に思った健康のこと

インフルエンザだったとは

インフルエンザだったとは

この症状は、インフルエンザだったようだ。

  • 発熱(ひさびさに40度に達した)
  • 悪寒(着込んでもゾワゾワする)
  • 頭痛(頭皮がつっぱる感じ)
  • 全身の倦怠感、筋肉痛
  • 下痢(食べてないのに、きゅるる)

まさに本に書いてあるとおりじゃん!
ただの風邪だと思っていたのに……甘かった。
インフルエンザとわかっていたら、発症後すぐに病院に行ったのに。ウイルスが全身にまわった現状では、もはや有効な薬はない

インフルエンザは風邪(普通感冒)とは異なる病気だ。
なので、風邪薬(普通感冒薬)はまったく効かない。それどころか解熱作用があるものは有害ですらある。私は間違った薬を飲んでいた。

布団に寝て、汗をかき、水分をポカリで補給したのは正解。解熱のため、アイスノンを額に当てたのも悪くはない。しかし部屋の空気が乾燥しすぎていた。インフルエンザウィルスは湿気に弱いので、濡れタオルなどを掛けておけば効果的だった。

それから、鼻の中が乾いているのもよくないらしい。
鏡を見ると鼻の下が荒れていた。ウイルスはここで増殖したのかもしれない。濡れタオルをレンジで温めて、いま口元を覆っている。鼻孔に潤いを取り戻さなくては……。

……症状が出てから4日。
発熱は治まったが、体調はよろしくない。
ウイルスが体外に排泄されるのは、あと3日くらいかかるだろう。

なぜ、病院に行かなかったのか?
高い健康保険を払っているのに、なぜ?
40度の熱が出てるのに、「またいつもの風邪」だと思ってしまったのか……。
# まぁ、40度の熱で朦朧としてたから、冷静に判断できなかったけどさ。

……失敗した。

Share

Next