[Edit]
[日記2007年08月13日(月)に思った科技のこと

ペルセウス座流星群を追え!

ペルセウス座流星群を追え!

昨夜は、ペルセウス座流星群のピークだった。

ペルセウス座流星群は毎年8月12~13日ごろに観測される。
今年の13日は新月であり、天候にも恵まれたので、絶好の観測日和となった。そのことに気づいた私はカメラ機材を用意して、蒸し暑い外に出た。

──午前3時。
アパートの駐車場に三脚を開いて、ピントを無限遠に合わせる。あれこれ調整しているあいだにも、嫁がいくつかの流星を見つけて騒いでいた。

流星は速くて、予兆もないから、「あっ!」と言われて振り向いても間に合わない。なんとか写真に納めたかったが、駄目だった。とはいえ、私も肉眼で流星を1コ、見ることができた。東の空、地平線近くにシュッと流れ落ちた。嫁の収穫は5コ。カメラなんか気にせず、ずっと夜空を見ていた方がよかったかもしれない。

高校2年生(1988年)の夏、地学部の合宿で戸隠に行った。
そのとき、みんなで天体観測をした思い出がある。昼の太陽に温められた道路に寝そべって、澄み切った夜空をながめる。「満天の星空」という言葉で私が思い出すのは、あの夜の経験だ。詳しい先生がいて、機材も充実していて、素晴らしい天体観測ができた。
もしかすると、あれもペルセウス座流星群だったのかもしれない。

あれから19年。
あの夜を越える経験がないのも寂しい話だ。

ペルセウス座流星群はともかく、ちゃんとした天体観測に出かけてみようかな。

Share

Next