日記  2008年01月19日(土) に思った 娯楽 のこと

レビューが700件を突破

レビューが700件を突破

 レビューが700件を突破した。

 まぁ、レビュー件数を報告する日記も日常化してきたね。
 最近はふつうの日記よりレビューばかり書いているような気がする。

 600件を突破したときに懸案だった映画のサブカテゴリーは、結局、思いつかなかった。「TVドラマ」、「銀英伝」「ガンダム」をサブカテゴリーに分けてみたが、あんまり適切じゃなかった。ブログのトップも重くなってきている。そろそろレイアウトの見直しだな。

 マイナーな作品になればなるほど、評価が高いことに気がついた。まぁ、誰も知らない作品のレビューを書くのは(その作品を大好きな)ファンが多いだろうし、分母も少ないから平均点も偏りがちだ。しかし私の目から見ると、どうしようもない駄作であることも多い。つまり、マイナーな作品の評価点数はまるっきりアテにならないというわけだ。

 とはいえ、メジャーな作品はそれだけで高い点を付ける人も多いようだ。この場合、さらに分母も大きいから、冷静な意見は埋もれてしまいがちだ。
 そう考えると、レビューの平均点数にはなんの意味もないのかもしれない。

コメント (Facebook)

思考回廊 日記
レビューが700件を突破