日記  2008年05月08日(木) に思った 経済 のこと

食べ残しと高級料亭

食べ残しと高級料亭

高級料亭「船場吉兆」は、客の食べ残しを使い回していたようだ。

食べ残しの再利用を罰する法律はなく、料理屋としてのモラルが問われている。そりゃそうだ。1人数万円も取っておきながら、食べ残し料理を出すなんて馬鹿にしている。
では、どうすればよかったのか?

──食べ残しは捨てるべきか?
モラル的にはYesでもあり、Noでもある。私は料理屋に勤めたことはないが、食べ残しを毎日じゃんじゃん捨てれば気が滅入るだろう。

そもそも高級料亭で食事を残すことが信じられない。
食べない客のために高級食材を使うのはむなしい。それこそ粘土細工で十分だ。

モラルに従って、食べ残しを捨てたとしよう。納得できないから、料金を高くしよう。食べればわかる細かな気配りなど通じないから、高級食材のブランドで圧倒しよう。食べ残しを捨てることがモラルなら、モッタイナイ精神もいっしょに捨ててしまえ
そんな料理人の作る料理が、おいしいとは思えない。

いま世界は、深刻な食糧不足に悩まされている。日本はわざわざ食料を輸入しておきながら、どんどん廃棄している。料理を残すことがモラルに反しているので、その後始末をモラルで断ずるのは難しい。

──話を戻そう。
「船場吉兆」に弁解の余地はない。モラルのない料理屋は、早々につぶれてほしい。しかし、ほかの高級料亭は大丈夫か? 言い換えるなら、料理人の精神は大丈夫だろうか?

いろいろ考えると、外で食事するのは避けたくなる。


船場吉兆 食べ残し料理事件
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=479820&media_id=10

コメント (Facebook)

思考回廊 日記
食べ残しと高級料亭