[Edit]
[日記2008年08月24日(日)に思った経済のこと

スポーツ選手の引退

スポーツ選手の引退

オリンピック選手が次々に引退を表明している。

まだ若い選手が多い。私が想像する以上に「選手生命」は短いのか、それとも有終の美を飾ることが本意なのか。

オリンピック選手ともなれば、若くして引退しても悠々自適の余生を送れるほどの資産があるのだろうか? ざっくり調べたところ、「極端な例外をのぞけば、多くの選手はそれほど稼いでいない」というのが実情らしい。仮に数億円の資産があっても、使い方次第ですぐ溶けてしまう。そもそもスポーツ選手がスポーツから離れ、ふつうの暮らしができるのだろうか? できたとして、それは楽しいのだろうか?
スポーツ選手における引退は、単に「大会に出場しない」という以上の意味があるだろう。

詳しい事情は知らない。ただ、オリンピック開催中に引退表明するのは、奇妙な印象を受ける。やはり引退を考えながら競技していたのだろうか。

ファンや後援会、コーチなどの関係者は、どう感じているのかしら。
もし私がファンだったら、(オリンピックに出場しなければ、引退することもなかったのに)と思う。しかし多くの人は(たとえ引退することになっても、オリンピック出場には価値がある)と考えるのだろうか。

■伊調姉妹、そろって引退表明

Share

Next