日記  2008年09月03日(水) に思った 政治 のこと

政治は見えているか?

政治は見えているか?

 福田首相が突然、辞任した。

 マスコミは一斉に「無責任だ」と批判しているし、実際、そう見える。
 では、「責任ある退陣」とはどういうものだろう? 前もって「9月で辞任します」と予告しても、「そろそろ辞めるかもしれません」とほのめかしても、やはり批判されただろう。
 マスコミの論調は、「立つな座るな、寝るな起きるな」と聞こえる。

 安倍首相のときと同じく、今回も辞任についても、その真意が取りざたされている。記者会見で語られたのはタテマエであって、本音は別のところにある。公の場では言えない真相があるんだろうと、みんな思ってる。私も思ってる。
 政治家の言葉をうのみにするのは危険だが、ここまでウラ読みされるのも妙な気がする。

 しかし政治をウラ読みするのは面倒だ。自分なりに分析するのは手間がかかるし、マスコミの解釈はゆがんでいる。日々の生活を大切にしたいから、政治に振り分ける注意は最小限にしたい。
 いつから政治は、こんなに難しくなったのだろう?

 政治家は「夢のある嘘つき」であってほしい。夢がなければ従いたくないし、真実しか言えないなら機械で十分だ。「世の中は今、こうなってます。これからこうなります」と、なるべく明るく大きな夢を、リアルに、長く見せてほしい。

 政治がよく見えないと、落ち着かない。

コメント (Facebook)

思考回廊 日記
政治は見えているか?