日記  2008年10月28日(火) に思った 哲学 のこと

ショートショートの限界

ショートショートの限界

 1,000文字で書くショートショートが50話を越えた。

 ショートショートは反応がないので、寂しい気持ちになる。私の作品は、どのように受け止められているのだろう? 知りたいような、知りたくないような、知ってどうすることもないような......。解決できない悩みだ。

 初期に比べ、書き方のスタイルが定着してきた。
 セリフではじまり、これまでの経緯を振り返る。全体が見えたところで、視点をひっくり返す。飽きられているかもしれないが、このスタイルは崩しにくい。

 1,000文字しかないので、表現やシーンは極限まで削られる。最終的に登場人物の名前が削られることも多い。ほとんど一人称で書かれているのは、このためだ。

 過去作品を読み返すと、むりやり収めた印象が強い。これじゃ、粗筋だよ。
 削られたプロットが惜しまれる。あともう少し言葉があれば、あのシーンを挿入していれば、もっとわかりやすくなっただろうに。

 1,000文字という制限が、作品をおもしろくしているとは思えなくなった
 次のステップに進むべき時かもしれない。
 でも私は、どこへ向かえばいいのだろう?

 ブログもリニューアルして、ちょっと読みやすくなった。
 過去作品はこちらで読んでもらいたい。

▼総思創愛
http://trynext.com/story/

コメント (Facebook)

思考回廊 日記
ショートショートの限界