日記  2008年12月02日(火) に思った 娯楽 のこと

[ゲーム] Lux Touch / iPodで学ぶ戦争の力学

[ゲーム] Lux Touch / iPodで学ぶ戦争の力学

 iPod touch の無料アプリ、『Lux Touch』 がおもしろい。

 Lux Touchは、簡単な戦争シミュレーションゲーム。5つの勢力(赤、青、黄、緑、黒)が、世界の覇権を架けて争う。世界征服すれば勝ち、自国の領土がなくなれば負けだ。1回のプレイ時間は30分くらい。
 勢力(色)ごとに個性があって、赤は支配した国をまんべんなく育てるが、黄色は兵力が尽きるまで領土を広げようとする。緑はポイントを抑え、黒は一極集中させる傾向にある。そして青がプレイヤーだ。最初はどこも似たり寄ったりで弱々しいが、ターンが進むにつれて領土や兵力、国力に差が出てくる。プレイヤーは自国を勝利に導けるか?

[Sillysoft Games] Lux Touch (無料)

 遊んでいて気づいたが、好戦的な国がいる状態で平和主義はありえないね。

 たとえば、「どうすれば攻められないか?」を考えてみる。彼我の戦力差が大きければ、ふつうは攻めてこない(黄色は攻めてくる)。なので国境に兵士を集中させれば平和を維持できそうだが、ターンが進むと国力差が開きすぎて、打つ手がなくなってしまう。

 国力は領土に比例するから、小さな領土を守り抜くことは不可能だ。そこでアジアやヨーロッパ、アフリカといった大陸単位まで侵略する。領土が広いと防衛は難しいが、なんとか布陣できたとしよう。

 すると隣接する大陸の国力がどんどん上がってくる。相手は、「勝てる」と思えば攻めてくるから、それから防衛しても守りきれない。戦闘は、攻め込んだ側が有利になるからだ。
 なので、相手の準備が整う前に、まだ弱いうちに叩く。相手が強ければ、もっと強くなる前に削る。自国の平和を守るには、そうするしかない。

 しかし恐怖は、大陸を2つ3つ支配しても変わらない。

 超大国同士の国境は緩衝地帯となり、アコーデオンのように色が変わるが、その状態を維持するのは難しい。戦力が拮抗していると、気のゆるみで突破されてしまう。だから一気に攻め込んで、世界を1つの色に染め上げる。それが平和への近道なのだ!

 世界大戦が起こる理由がよくわかるゲームだった。

コメント (Facebook)

思考回廊 日記
[ゲーム] Lux Touch / iPodで学ぶ戦争の力学