日記  2009年07月14日(火) に思った 科技 のこと

英文メールに四苦八苦

英文メールに四苦八苦

超・久々に英文メールを書いた。

所有するドメインを、アメリカの管理会から日本の管理会社に移管させようとしたが、どうにもうまくいかない。どこで、なにを間違えたのだろう? やむなくアメリカの管理会社に問い合わせることに。そういえば2003年にも、ドメイン承継のトラブルで同じ会社に問い合わせをしたっけ。

あのころより洗練された問い合わせフォームを開いたところで、手が止まる。
うーん、フレーズが出てこない。
長いこと英語を勉強してきたはずなのに、ぜんぜん駄目。若いころ以上に頭が固くなってしまった。若いころなら、がんばれば英語をマスターできたかもしれないが、この年齢になると無理そうだ。

しかしネットは便利だった。辞書だけでなく、翻訳もしてくれるし、「英文メールの書き方、マナー」も教えてくれる。以前は「パソコンは便利」と感じていたが、最近は「ネットは便利」と感じることが増えた。

四苦八苦して、英文メールを書き終え、送信する。
何度かヤリトリして、問題の箇所が見つかった。まだ手続きは完了していないが、たぶんうまくいく。原因は、2003年の問い合わせの時に使ったアカウントが残っていて、それと混同したせいだった。もちろん、悪いのは私。やれやれ。

久々に英文メールを書いて、奇妙な興奮がある。
外国語をちゃんと勉強しなかった私。今から挑戦しても、なんとかなるんだろうか? なんとかなったとして、外国語を使う生活になるのだろうか?

いろいろ考えてしまう。

コメント (Facebook)

思考回廊 日記
英文メールに四苦八苦