日記  2009年11月04日(水) に思った 生活 のこと

N氏の初夜

N氏の初夜

N氏が"初夜"を迎えるので、そわそわしていた。

このあいだの飲み会で、N氏は妙に週末を気にしていた。近所に住むL氏の家を訪ねようか、どうしようかと。やがて話が見えてきた。小学生になった娘が、週末、合宿でいなくなるんだって。

N氏は奥さんと、娘を挟んで付き合ってきた。娘のいない、夫婦水入らずの夜なんて何年ぶりだろう。あまりにも久しいので、奥さんとどう接していいかわからない。それで、「家を空けなければならない用事」を探していたのだ。

互い向きあうと傾きやすい夫婦も、子を挟むことで安定する。まさに「子はかすがい」だ。しかし裏を返せば、子がいなくなると夫婦は危機に直面するわけで、それはそれで困った話だ。

結局、N氏はどう初夜を迎えたのだろう?
明日飲むことになったので、話を聞いてみたい。

コメント (Facebook)

思考回廊 日記
N氏の初夜