日記  2009年12月11日(金) に思った 科技 のこと

内緒話を支援するmixi / 日記のマイミク指定公開

内緒話を支援するmixi / 日記のマイミク指定公開

私は開けっぴろげな性格なので、なんでも共有したがる。

おもしろいネタがあったら、人に話したくなる。おもしろい友人ができたら、人に紹介したくなる。グループを混ぜると、いつも同じ自分でいられる。自分を使い分けるなんて面倒だし、たぶん、できない。
しかし私のように考える人は、少数派らしい。

mixi日記の公開範囲が、また細かく設定できるようになった。今度は読ませたいマイミクをひとりずつ選べるんだって。これで公開範囲は7段階。「全体に公開」でやってる私には、ここまで細かくする理由がわからない。
「仲良しに公開」機能がリリースされたのは3ヶ月前。そんな矢継ぎ早に強化するほど、ニーズが高いのだろうか。

  • 全体に公開
  • 仲良しに公開
  • 友人まで公開
  • 公開するマイミクを選択
  • グループから選択
  • 友人の友人まで公開
  • 非公開

「特定のマイミクを選ぶ」のではなく、「特定のマイミクを外す」ための機能強化なんだろうな。いまや「公開している友人一覧の表示範囲」を制限することで、自分が誰に読ませているか(誰を外しているか)を、読ませている相手にも伏せることができる。

つまりmixi日記が、内緒話の場になってきている。
内緒話が増えると、mixi日記で同好の士を見つけにくくなる。それにマイミク同士の関係も複雑化する。たとえば、自分が読める限定日記は、内緒話として扱わなければならず、気が重くなる。コメントも控えてしまう。そしてマイミクの日記更新が減ると、自分が外されているのではと勘ぐってしまう。
まぁ、本気で気にしているわけではないけど、ややこしいのは事実だ。

そんなことより、もっと日記を書きやすくしてほしいのだが……。

コメント (Facebook)

思考回廊 日記
内緒話を支援するmixi / 日記のマイミク指定公開