日記  2010年01月22日(金) に思った 政治 のこと

この国の支配者は誰か?

この国の支配者は誰か?

どうでもいいが……どうでもいいわけじゃないが……政治が混迷している。

衆院予算委員会は「政治とカネ」の追求ばかりで、政策の話がちっとも出てこない。私はアンチ民主党だが、政権交代してから初の国会で──それも問題が山積している状況で、小沢や鳩山の資質を問うてる場合じゃないだろう。
しかも自民党の追求は甘く、のらりくらりと躱されてばかり。なにやってんの。なんの準備もしてなかったの? 自民党にもがっかりだ。

この茶番劇は、検察が仕組んだモノなのか?
ちょろちょろ情報をリークして、世論を「小沢=悪」「検察=正義」に誘導している。たしかに小沢幹事長のやり口には賛同しかねるが、土地購入問題なんて(立件できたとしても)些末なことだ。背後に巨大な陰謀があるならまだしも、こんなネタで鬼の首を取ったように騒ぐのはおかしい。

マスコミも、まんまと踊らされている。どのニュースも、同じ関係者の発言をコピーしてるだけで、なんの掘り下げもない。そこを民主党に指摘されると、「言論の自由」だの「関係者の保護」だので猛反撃。やれやれ。

なにか意図があるのか、なんも考えていないのか、検察やマスコミは結託して民主党叩きに走っている。それで彼らの体面は保たれるかもしれないが、国政はどうなるんだ? 国会を空転させたり、総理を辞任させたところで、景気はよくならない。

検察もマスコミも、制御不可能な権力だな。政党が選挙で圧勝しても、この国を支配することはできない。それはいいことなのか、悪いことなのか?

小泉純一郎が劇場型政治の効果を、小沢一郎が小選挙区での勝ち方を示した。次に出てくるものは、検察やマスコミ対策も考えてくるだろう。
そうしていつか、万雷の拍手の中で独裁者が生まれるのだろうか。


総務相が「関係者」発言で弁明
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1085260&media_id=2

コメント (Facebook)

思考回廊 日記
この国の支配者は誰か?