[Edit]
[日記2010年02月06日(土)に思った娯楽のこと

「ドラえもん」アプリ16本 / iPhoneアプリのアイデア世界

「ドラえもん」アプリ16本 / iPhoneアプリのアイデア世界

iPhoneアプリに、ドラえもんアプリ16本(無料)が同時リリースされた。

無料ランキングのトップ16位まで独占され、なにが起こったのか戸惑うが、ほどなく並べて使うのだと気づく。全部をダウンロードして、せこせこ並べ替える。新着に影響されないよう、最後尾のパネルを使った。なかなか壮観だった。

ドラえもんを勝手に借用した同人アプリじゃなく、Yahoo! Japanが提供する、映画の宣伝アプリ。どのアプリも起動すると、最初は映画のポスターが表示される。
「ドラ電卓」から「ドラじゃん」までは機能アプリで、ふつうに使える。「未来の国から」から「深夜の町は海」までは、ドラえもんの漫画1話分が読める。

久々に読む漫画ドラえもんは、やっぱりおもしろい。「ぞうとおじさん」は泣けるし、「のび太ののび太」はよく考えられている。短い中に、夢がいっぱい詰まってる。あらためて、ドラえもんというコンテンツの偉大さを思い知った。

iPhoneアプリの機能を考えれば、すべてを1つに納めることも十分可能だが、あえて16個に分割したのはアイデアだな。こんなのを見ちゃったら、全部ダウンロードして、並べてみたくなる。まぁ、すぐ飽きてしまうだろうけど、広告としての効果は高い

iPhoneには、次から次へと新しいアプリが投入されている。既存アプリのiPhone版ではなく、これまでなかった新しいアイデアが多い。多くは荒削りで、すぐ飽きられてしまうけど、なにせ数が多いので、継続して楽しめる。なんか、アプリのベータテストをさせられているみたい。

「ドラえもん」アプリ16種は、とりわめ目をひいたし、賞味期限が短そうだったので、日記にしてみた。


「ドラえもん」iPhoneアプリ16本、揃えるとホーム画面が
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1099164&media_id=86

Share

Next