[Edit]
[日記2010年05月09日(日)に思った娯楽のこと

[特撮] おのれ、ディケイド! 再放送ラストは再編集されていた

[特撮] おのれ、ディケイド! 再放送ラストは再編集されていた

『仮面ライダーディケイド』再放送の最終回は、終わり方が本放送とちがっていた。

本放送の終わり方

平成ライダー9人に囲まれたディケイド。孤軍奮闘するも、至近距離からディエンドに撃たれてしまう。ここで終了。「ライダー大戦は劇場へ」とCMが流れて、全国の家庭にブーイングの嵐が吹き荒れた

再放送の終わり方

主役だけでなく、全ライダーが大挙して押し寄せてくる。第1話オープニング(ナツミカンの夢)を挿入することで、より派手に、より劇的に仕上がっている。ちなみに、キバーラによるユウスケ復活シーンはカット。なので、いきなり襲ってくるアルティメットクウガは、ユウスケではないと思われる。ディエンドの裏切りもなく、ディケイドはひたすら戦いつづける。ナツミカンはその未来を信じようとするが、ディケイドは全ライダーを倒してしまう。終了。

このあと第1話を見れば、「あー、こわい夢を見た」で完全ループする。テレビはテレビで完結すべしと言ったけど、本当に完結しちゃったよ夏のオールライダーも、冬の完結編も見なくていい。そもそもオールライダーで完結した物語を、TVから引っ張って完結編につなげたのに、今さらハシゴを外されても困るよ。
おのれ、ディケイド。本当にすべてを破壊して、すべてをつなげてしまった


※比較があった。仕事が早いよ

100%のウソ予告

話は変わるが、本放送時の劇場版CMもひどかった。劇場版のシーンは1カットも使われていない。100%完全なウソ予告だ。メタルギアシリーズを超えるウソ予告に出会えるとは思わなかった。


※ウソ予告大賞

まぁ、文句ばかり言っても仕方ない。ある意味、『ディケイド』という番組の奥深さを思い知らされた。何回でも最終回を作れる作品なんて、そうあるもんじゃない

正直なところ、劇場版のウソ予告(から想像される最終回)がいちばんおもしろそうに見える。ディケイドの正体は『オールライダー』で露見しているから、うまく世界観がつながりそう。いつか作ってほしいぜ。10年後でも、まったく別の役者でもかまわない。それがディケイドなのだ。

Share

Next