[Edit]
[日記2010年06月19日(土)に思った娯楽のこと

[特撮] 知っておきたいウルトラの歴史

[特撮] 知っておきたいウルトラの歴史

友人Aが『ウルトラマンメビウス』を見はじめたようなので、情報支援。『ウルトラマンメビウス』を見るために知っておきたいウルトラの歴史。こうした歴史をふまえると、おもしろさが増す。

第1期ウルトラシリーズ

ウルトラQ (1966年 - 全28話)

あらすじ:
ウルトラマンが地球にやってくる以前──人間が自力で怪獣や宇宙人を撃退していたころの物語。パイロットの万城目淳、助手の一平、カメラマンの由利子の3人は、行く先々で怪奇現象に遭遇する。彼らには特殊な能力も装備もないため、科学者や警察に通報し、その顛末を目撃するのだが、事件が明瞭に解決するのはまれ。
※彼らにアドバイスを与えていた一ノ谷博士は、のちに科学特捜隊の創設に関与したと言われている。

ウルトラマン (1966年 - 全39話)

人間の姿:ハヤタ・シン / 変身アイテム:ベーターカプセル
あらすじ:
宇宙怪獣ベムラーを追跡中だったウルトラマンは、科学特捜隊(SSSP)のハヤタ隊員が乗る小型ビートルと接触、墜落させてしまう。ハヤタ隊員の命を救うため、ウルトラマンは彼と一心同体となって、地球のために戦うことにする。そして人間の力がおよばなくなったとき、ウルトラマンに変身するのだ。しかしイデ隊員は1つの疑念を抱く。それは、ウルトラマンが地球に降り立つとき、必ず人類が直面する問題だった。

「われわれ科学特捜隊がどんなにがんばっても、結局敵を倒すのは、いつもウルトラマンだ...ぼくがどんな新兵器を作っても、たいてい役に立たんじゃないか。いや新兵器だけじゃない。われわれ科学特捜隊も、ウルトラマンさえいれば必要ないような気がするんだ...」
イデ隊員

最終回において、ウルトラマンは宇宙恐竜ゼットンに敗北するが、ゾフィーのはからいによって一命を取り留め、ハヤタ隊員と分離する。こうしてウルトラマンはM78星雲に帰っていった。
※ウルトラマンの正体は、憑依されていたハヤタ隊員を含め、誰も気づいていない。
※第7話「バラージの青い石」において、ウルトラマンにそっくりな古代の神・ノアの像が描かれる。この像のモデルはゾフィーではないかと言われている。

ウルトラセブン (1967年 - 全49話)

人間の姿:モロボシ・ダン / 変身アイテム:ウルトラアイ
あらすじ:
星間侵略戦争が激化しはじめたころ、恒点観測員として太陽系を訪れていたウルトラセブンは、友人を助けるために命を賭けた地球人(薩摩次郎)の行動に心を打たれ、地球を守ることを決意。モロボシ・ダンとして、ウルトラ警備隊(UG)に入隊し、多くの侵略者を迎え撃った。
科学力が発達したことで、はからずも地球人が加害者になることもあった。悪いのはどちらか? ウルトラセブンは宇宙人と地球人、双方の価値観の板挟みになることもあった。
過酷な戦いに体調を崩したウルトラセブンは、故郷に帰らなければならなくなる。彼は、自分の正体をアンヌに明かす。アンヌがウルトラ警備隊の仲間たちに伝えると、誰もが驚き、そして感謝で胸がいっぱいになった。

「行こう! 地球は我々人類の手で守りぬかなければならないんだ!」
キリヤマ隊長

ウルトラ警備隊は見事、強敵・パンドンを打ち破る。ウルトラセブンは安心して地球を去っていった。

第2期ウルトラシリーズ

帰ってきたウルトラマン (1971年 - 全51話)

人間の姿:郷秀樹 / 変身アイテム:なし
あらすじ:
自然界の異変により、眠っていた怪獣が目覚めはじめた。カーレーサーになることを夢見る青年・郷秀樹は、怪獣タッコングの襲撃で命を落としてしまうが、地球を守るためにやってきた新たなウルトラマンによって蘇生される。
ウルトラマンの生命と超能力を授かった郷は、地球を守るため、怪獣攻撃隊MATへ入隊し、続々と出現する怪獣や宇宙人を迎え撃つ。しかし人間でありながら、人間を越えた存在になってしまった郷は、人間の弱さ、醜さに戦う意味を見失うこともあった。それでも郷は人間の未来を信じて戦い抜いた。
最終回、郷を兄のように慕っていた少年・坂田次郎は、郷こそがウルトラマンだったことを知る。そして地球を去っていくウルトラマンを、「ウルトラ五つの誓い」を唱えながら見送った。

ウルトラ五つの誓い

一つ、腹ペコのまま学校へ行かぬこと
二つ、天気のいい日に布団を干すこと
三つ、道を歩く時には車に気をつけること
四つ、他人の力を頼りにしないこと
五つ、土の上で裸足で走り回って遊ぶこと

※酒田少年は「ウルトラ五つの誓い」を、友だちのセリザワ・カズヤに伝えた。大人になったセリザワはGUYS JAPANに入隊し、部下のアイハラ・リュウに伝える。そしてリュウは......(メビウス第17話「誓いのフォーメーション」へ)。
※初代ウルトラマンとは別人であり、本当の名前はウルトラマンジャック。しかし地球人はジャックの名を知らないため、「ウルトラマン」とだけ呼んでいる。

ウルトラマンA (1972年 - 全52話)

人間の姿:北斗星司と南夕子 / 変身アイテム:ウルトラリング
あらすじ:
異次元世界に君臨するヤプールが、怪獣より強い超獣を使って地球侵略を開始した。その先鋒であるベロクロンに襲撃によって、地球防衛軍の北斗星司と南夕子も犠牲となる。新たに地球にやってきたウルトラマンAは、北斗と南にウルトラマンの生命と超能力を授けた。
新たな命を得た北斗星司と南夕子は、地球防衛軍に代わって結成された超獣攻撃隊TACへ入隊。ウルトラリングの光るとき、彼らはウルトラマンAに合体変身して、ヤプールの地球侵略に立ち向かう。
相棒の夕子は、のちに月星人の末裔であったことが判明。第28話でウルトラリングを北斗に託し、夕子は月へ帰っていった。以降は、北斗が単身でウルトラマンAに変身している。
異次元人ヤプールは狡知に長けており、人間がもつ弱さや卑しさを狙ってくる。何度も苦しめられ、それでも人間を信じたエースは、最後にこんな言葉を残す。

エースの願い

優しさを失わないでくれ。弱い者をいたわり、互いに助け合い、どこの国の人たちとも友達になろうとする気持ちを失わないでくれ。たとえ、それが何百回裏切られようと......それが、私の最後の願いだ。

ウルトラマンタロウ (1973年 - 全53話)

人間の姿:東光太郎 / 変身アイテム:ウルトラバッジ
あらすじ:
宇宙科学警備隊ZATに所属する東光太郎は、大怪獣アストロモンスの攻撃に撃墜される。その瞬間、彼の身体はウルトラ5兄弟によってM78星雲へ運ばれる。そしてウルトラの母にウルトラの命を授けられ、ウルトラ6番目の弟・ウルトラマンタロウとなって復活した。
地球へ帰還した東光太郎は、同居している白鳥姉弟や、ZATの仲間たちとの絆に支えられながら、ウルトラマンタロウとして、ZAT隊員として地球を守り抜いていく。
最終回、白鳥健一少年に真の勇気を説くため、ウルトラバッジをウルトラの母に返して人間・東光太郎としてバルキー星人に立ち向かい、勝利を収める。そして光太郎の姿のまま旅立っていった。
※劇中では描かれていないが、のちにタロウは東光太郎と分離し、M78星雲に帰還。宇宙警備隊の筆頭教官として後進の指導に当たっている。メビウスも教え子のひとりである。

ウルトラマンレオ (1974年 - 全51話)

人間の姿:おゝとりゲン / 変身アイテム:レオリング
あらすじ:
ウルトラマンタロウの後任として、ふたたび地球防衛の任に就いたウルトラセブンは、モロボシ・ダンとして宇宙パトロール隊MACの隊長を務めていた。ある日、マグマ星人とその一派が黒潮島に襲来。セブンに変身して戦うものの、右足を折られ、しかもセブンへの変身能力を失ってしまう。
窮地を救ったのは、ウルトラマンレオだった。マグマ星人によって故郷である獅子座L77星を滅ぼされたレオは、地球に逃れ、おゝとりゲンとして生活していた。セブンが戦えなくなったことで、レオは、第2の故郷である地球を守るため戦うことを決意する。
セブンの指導によってたくましく成長したレオ。しかし突如襲ってきた円盤生物によって、MACは全滅してしまう。モロボシ・ダンも生死不明。ただひとり生き残ったレオは、孤独な戦いを強いられる。やがて円盤生物はレオを狙うようになったため、自分が地球にいない方がいいかもしれないと悩む。
最終回、円盤生物を送り込んでいたブラック指令を粉砕したレオは、地球人に同胞として迎えられる。

「やっと今、この地球が僕の故郷になったんです。だから、青い空と青い海のある故郷をこの目で見て、この手で確かめてみたいんです」

地球防衛の重責から解放されたゲンは、夕陽の海に船出していった。
※劇中では描かれていないが、セブン(モロボシ・ダン)も脱出しており、変身能力を取り戻し、M78星雲に帰還していた。

第3期ウルトラシリーズ

ザ☆ウルトラマン (1979年 - 全50話)

アニメ作品であり、世界観が異なるため、メビウスとも連続しない。

ウルトラマン80 (1980年 - 全50話)

人間の姿:矢的 猛 / 変身アイテム:ブライトスティック
あらすじ:
レオの戦いが終わってから5年、地球には平和な日々が訪れていた。
桜ヶ岡中学校に赴任してきた新人教師・矢的猛は、ウルトラマン80である。80は怪獣発生の原因が人間のもつ負の感情(マイナスエネルギー)にあると考え、その調査と解決のために教職に就いていたのである。
ある日、怪獣クレッセントが出現し、ウルトラマン80によって撃退される。このときの活躍を賞賛された矢的猛は、地球防衛軍特捜チーム(UGM)にスカウトされる。それは教師とUGM隊員、そしてウルトラマンという三重生活のはじまりだった。
最終回、UGMが自力で怪獣を倒すのを見届けた80は、自分の役目は終わったと、M78星雲に帰っていった。

そして、80が地球を去ってから25年後──
新たなウルトラマンが地球に来訪する。その名はウルトラマンメビウス!

どう? 見たくなったでしょ!

Share

Next