日記  2010年08月31日(火) に思った 社会 のこと

[報道・教養] ガイアの夜明け「夏山が呼んでいる ~拡大するアウトドア市場~」 / 登山ブームだったのか

[報道・教養] ガイアの夜明け「夏山が呼んでいる ~拡大するアウトドア市場~」 / 登山ブームだったのか

今年は富士山に登ろうと思っていたが、あまりにもブームなので見送ってしまった。

富士山に登ったのは10年前。私と彼女(現在の嫁)、友人Aの3人でチャレンジしたんだけど、つらかった。勾配よりも、空気の薄さ、気温の低さ、そして夜の岩場だから景色の変化が乏しいことがつらかった。要するに、楽しくないのだ。
富士山は、「一度も登らぬ馬鹿、二度登る馬鹿」と言われている。なので、もう十分かな、登るなら緑のある山にしようと思っていた。

そして、10年が経った──。
不思議なもので、歳月はマイナスの記憶を洗い流してしまうようだ。いま振り返ると、「まぁ、つらかったけど、いい経験だったかな」「10年の区切りにもういっぺん、登ってみようかな?」と思ってしまう。やれやれ。

さっそく友人Aに連絡すると、「職場の仲間たちと富士登山に行ってきます」とのお返事が。10年を意図したわけじゃなく、たまたま職場で誘われたらしい。タイミングがいいやら悪いやら。
ほかの友人に声をかけようかと思ったが、mixiやブログに富士登山の日記が立て続けにアップされる。そして『ガイアの夜明け』でも登山ブームの特集が!
なんてこった。ブームだったのか。

人が多いところには行きたくない。連日の猛暑日が、さらにやる気を奪う。そんなこんなで、8月が終わってしまった。

ニュースによると、山梨県側からの富士山の登山者数が初めて25万人を突破したらしい。多いときで1日5,000人、21日は1万人以上が富士山頂を目指した。静岡県側と合わせると、何人が登頂したんだろう? 人大杉。

べつに10年の区切りに意味はない。来年登ってもいいのだが、来年もブームはつづいてそう。富士山は卒業して、戸隠山とか挑戦してみるかな。

■富士登山ブーム!山梨県側から25万人初突破
(読売新聞 - 08月29日 20:44)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1324481&media_id=20

コメント (Facebook)

思考回廊 日記
[報道・教養] ガイアの夜明け「夏山が呼んでいる ~拡大するアウトドア市場~」 / 登山ブームだったのか