[Edit]
[日記2010年10月15日(金)に思った社会のこと

管制官が中学生に航空機と無線交信させる / 本当に貴重な体験

管制官が中学生に航空機と無線交信させる / 本当に貴重な体験

管制官が中学生に航空機と無線交信させた問題の詳細をテレビで見たけど、世知辛いねぇ。

福岡空港の管制官が、職場体験学習にきていた中学生を喜ばせようと、旅客機との交信を許可。英語をカタカナになおしたメモを渡すと、中学生は大喜びで交信した。
興奮した中学生は管制官の上司にもお礼を述べる。びっくりした上司は、このことは内緒だよと口止めするが、中学生は発表会で「貴重な体験ができました」としゃべってしまった。
これはもう隠しきれないと思った上司は、国交省に報告。国交省はケシカランと怒って、問題を公表。国家公務員法が禁じる「信用失墜行為」に当たる可能性もあるとみて、関係者の処分を検討すると同時に、全国で同様の事案がないか調査をはじめた。

この中学生は、本当に貴重な体験をしたね。

しっかり学び、血肉としてほしい。


管制官が中学生に航空機と無線交信させる
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1371206&media_id=88

Share

Next