日記  2011年06月28日(火) に思った 政治 のこと

「もはや、のがれることはできんぞ」

「もはや、のがれることはできんぞ」

 「辞めるといったのに辞めないなんてペテン師だ」と、鳩山元総理が菅首相を責めていた。

 「おまえが言うな!」と全国民が突っ込んだことだろう。故人献金、脱税の発覚、普天間の迷走、および「方便」発言、さらに一夜にして不信任案の賛否を翻した鳩山氏が、自分の後継者に対して、政治家の資質を問うている。すごい、すごいよ、鳩山氏。これほど厚顔無恥な人間が実在するなんて。

 管氏も好きではないが、鳩山氏はもっときらい。野党時代も含め、彼がもたらした政治の混迷は根深い。なので管氏の早期退陣が取り沙汰されている現状は、鳩山氏の主張が通るようで居心地が悪い。
 この場合、騙した管氏より、騙された鳩山氏の方が罪深い。あんたがしっかりしていれば、民主党もここまで醜態をさらすことはなかっただろう。だのに、「こんな民主党にしたつもりない」と憤っているのだから、おめでたい人だ。

 一方、管氏を擁護していた側近たちが、手のひらを返したように首相の早期退陣をほのめかすのも腹立たしい。あんたら、管首相と一蓮托生じゃなかったの? 不信任案が否決された直後ならまだしも、世論の反発を見てから豹変するのはずるい。

 管首相に続投してほしいわけじゃないが、「そのあと」の構想がないままリーダーを引きずり落とす展開には疑問を感じる。数年前まで「すぐ辞めちゃう総理は駄目」と言っていたのに、今は「是が非でも辞めないリーダーは駄目」と言われてる。それでも、「リーダーが替わればよくなる」と主張する人もいるが、「政権交代すればよくなる」というキャッチコピーと大差ない。
 民主党は、自民党を叩くことで人気を博した。与党になってからは、自民党の過去の罪を叩いたが、あまり人気は得られない。そこで管首相は、小沢氏を叩くことで人気を保ってきたが、それも限界が来て、自分自身が叩かれまくることに。いやはや。

 ライオン仮面→オシシ仮面→おかめ仮面のパターンを彷彿させる。
 この漫画を書いたのはだれだ?

■「誤解があった」と首相、党幹部に長期続投否定 (読売新聞 - 06月05日 20:46)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1626417&media_id=20

コメント (Facebook)