[Edit]
[日記2011年09月11日(日)に思った社会のこと

注意書きが読めない人たち

注意書きが読めない人たち

銀座松坂屋の休憩ベンチに、こんな注意書きを見つけた。

INFORMATION

請不要在此吃弁当等食物。
Please don't eat food here.

 各階のエスカレータ横などに置いてある椅子のことね。深く沈み込んで、座り心地がよい。わきに小さなガラスのテーブルがあって、買い物袋などを置けるようになっている。そこに注意書きがあったのだが、なにかヘンだ。あぁ、そうか。中国語と英語のみで日本語がないのだ。
 ここは日本のデパートで、客のほとんどが日本人なのに、なぜ日本語で注意しないのか?
 その理由を推測してみる。

  1. 日本人には注意する必要がない。
  2. 松坂屋に来るような日本人は簡単な英語が読める。
  3. 日本語を外すことで、日本人の客に不快感を与えない。

 しかしテーブルの上には、ドリンクの空き瓶とコンビニ袋が捨ててあった。誰かがここで飲食したのだ。こんな目立つ場所で、デパートで買ったものではないものを!
 その理由を推測してみる。

  1. 中国語も英語も読めない外国人だった。
  2. 言葉は読めるが、言葉が通じない生き物だった。

ピクトグラム
※ピクトグラムだったらわかってもらえただろうか?

 高級デパートは客層の劣化に悩まされているのかもしれない。

Share

Next