日記  2011年10月31日(月) に思った 社会 のこと

10月のできごと

10月のできごと

10月のニュースを振り返ってみよう。

ていうか、もう10月が終わったのか。2011年も残すところ61日。月日の流れるのは速いもんだ。今月は日記の本数が少ない。Minecraftのせいだが、それは別の日記で。とりあえず10月の気になったニュース。

  • 10月01日 - 米国:ウォール街デモに5000人以上が参加、700人以上が逮捕される
  • 10月05日 - 米アップルのスティーブ・ジョブズ会長死去
  • 10月14日 - オリンパス、ウッドフォード社長を解任 就任半年で
  • 10月18日 - 世界初の商業宇宙港「スペースポート・アメリカ」がオープン
  • 10月20日 - 日韓首脳会談、通貨スワップ5倍、5.4兆円に
  • 10月21日 - カダフィ大佐殺害。「撃たないでくれ。わが息子よ」
  • 10月21日 - タイ首相「洪水は国家的危機」、産業被害額33億ドル超か
  • 10月21日 - 東電:50代作業員死亡「被ばく無関係」と発表
  • 10月22日 - 橋下知事が辞職表明へ=大阪市長選出馬、ダブル選に
  • 10月24日 - トルコで地震。M7.2 死者1000人か
  • 10月31日 - 世界の人口70億人を突破...各国でイベントも

ジョブズ氏、死去

最大のショックは、ジョブズ氏の死去。あの、びっくり箱のような人物がいなくなったと思うと寂しい。自伝を読んでみたくなったが、英語版の4倍という価格設定に萎えた。

天変地異がつづく

今月も、タイの洪水とトルコの地震と天変地異がつづいた。世界の終わりってのは、ある日、ドカンと訪れるのではなく、こうした天変地異が日常茶飯事になって、ある日ふと、「あぁ、これが世界の終わりなんだ」と気づくものなんだろうな。

オリンパス「外国人社長」解任の謎

この問題、ようやく日本のマスコミも報道するようになったが、どうなるんだろう? 伝え聞く情報を読むかぎり、トップの不正は疑いようもないが、このままほっかむりで逃げ切るつもりだろうか? 悪事が露見しても、規模が大きければ見逃されてしまうのか。

なんか、大企業のモラルが問われる事件が相次いでいる。原発事故の詳細を明かさない東京電力、第三者委員会の指摘をにぎりつぶした九州電力、フジテレビをはじめとするマスコミ各社の信用もがたおち。今月は大王製紙の前会長の専横もあった。
今のところ、誰も裁かれていない。政府も、マスコミも、検察も、みんなグルなのか。

雲の上の方々がなにをしようと、下々の私には関係ない。しかし社会を暗くしていることはまちがいない。いまの高校生は、世の中をどう見てるんだろうね? 若者が希望をもってくれないと、これから年老いていく私たちはつらい。

コメント (Facebook)

思考回廊 日記
10月のできごと