日記  2012年11月06日(火) に思った 科技 のこと

空から嫁が見ている

空から嫁が見ている

「あれ? どうしてここにいるの?」

 忘れ物をして家に帰ると、嫁に驚かれた。なぜ驚くのか? 私がべつの場所にいると思ったからだ。嫁は、私の位置をiCloudから見ていたのだ。

禁断の機能 - iPhoneを探す

 iPhoneには、遠隔からデバイスの位置を検索する機能──iPhoneを探す──がある。3Gでは使えなかったが、iPhone 5で使えるようになった。iPhoneを探すは、iCloud に統合されていた。iCloudを使えば、カレンダーやリマインダーを共有できる。
 ものは試しだ。私は嫁に使い方を教えた。

「これって、旦那さんを監視できるよね? いいの?」
「監視してほしいわけじゃないけど、必要なときに使えないと困るだろ」

 嫁は「監視したくない」「監視するつもりはない」と言っていたが、私が家を出たところでiCloudを起動して、地図上のマークが駅に向かっていくのを見ていたのだ。マークはだいぶ離れたのに、家のドアが開いたため、嫁は驚いたというわけ。

「たまたまだよ。たまたま」
「いや、まぁ、べつに、いいけど」

 忘れ物を手にして、ふたたび駅に向かった。

空から見られている

 赤信号で自転車を止めると、ふと頭上が気になった。
 雲の上に人工衛星があって、そこから嫁が見下ろしている?

 うわ、なんだこれ? なに、この感覚?

 現在位置を嫁に把握されて、困ることなど、ない。余計な心配をかけずに済むだろうし、なにかトラブルに巻き込まれたときの助けになるかもしれない。軽い気持ちで考えていたが、思っていたより意識してしまう。

 空から、嫁が、見ている。

 うわぁ。

コメント (Facebook)

思考回廊 日記
空から嫁が見ている