日記  2013年02月15日(金) に思った 科技 のこと

ロシア隕石落下の衝撃

ロシア隕石落下の衝撃

 Tumblrに流れてきた動画は、はじめはネタだろうと思っていたが、本物だった。

 ロシア中部ウラル地方チェリャビンスク州周辺で15日、隕石とみられる物体が落下し、衝撃波によって大きな被害が出た。今のところ死者は確認されていないが、内務省の発表では約1200人が負傷し、そのうち少なくとも200人が子どもだという。
 ロシア宇宙庁によると、隕石は秒速30キロで落下。約200キロにわたり一筋の白煙を引きながら、空を横切った。また、ロシア科学アカデミーは、隕石の重さは推定約10トンで、高度50-30キロで砕けたと発表。地球の大気圏に突入したときのエネルギーの大きさは数キロトンとみられ、小型の核兵器が爆発したのと同等の威力を持っていたとしている。

Meteorite crash in Russia: Video of meteorite explosion that stirred panic in Urals region

Dramatic CCTV: Meteorite blast wave blows out doors, windows in Russia

 隕石は200キロにわたって空を横切ったから、たくさんの人が見たようだ。
 隕石との距離感がつかめない。ぐんぐん近づいてくるように見えるが、けっこう遠い。逃げなくては徒思うけど、逃げても仕方ないと恐怖する。なのに、リアリティがない。映画だったら、「へぼいCG」と言われそうだ。現実は映画より奇なりだ。
 ぱっと明るくなって、衝撃波に襲われる。「すわ核戦争か!」と驚いた人も多いだろう。当初考えていたより被害は大きいようだ。日本じゃなくてよかった。

 負傷者の数がどんどん増えていくのは、それだけ情報が早いからだ。なんせまだ一日しか経ってない。正確な被害規模や、隕石の正体がわかるには、もう少し時間がかかるだろう。

それにつけても、テクノロジーの進歩はすごい

 遠く離れた外国の災害──それも隕石落下のような瞬間の出来事が、これほど高精細で、これほど多角的に、これほど早く伝えられるとは。たぶん、東日本大震災が起きたときも、世界中の人々がパソコンの前で驚いていただろうな。

 そう、パソコンの前である。
 この流れだと、マスコミを経由する必要がない。テレビをつけても、YouTubeの動画を流すだけだから。専門家のコメントも、ネットの方が多角的に閲覧できる。

 何度も同じことを言って恐縮だが、すごい時代になったもんだ。

コメント (Facebook)

思考回廊 日記
ロシア隕石落下の衝撃