日記  2013年03月28日(木) に思った 社会 のこと

ホリエモンが仮釈放された

ホリエモンが仮釈放された

 28日、堀江貴文氏が仮釈放され、ニコニコ動画で記者会見があった。

 終始おだやかな口調だったから、驚いた。警察、検察、マスコミに疑問を呈する場面もあったけど、会見の一部でしかない。刑務所はここまで人を変えるのか。あるいは、反省を示さないと復帰を認めない社会の方が恐ろしいのか。
 ホリエモンの声を聞きたくないという方は、全文書き起こしを読むといい。

 TBSの記者が、ホリエモンの謝罪の意味を問いただしていた。ホリエモンによると、集団訴訟はすべて和解し、個別訴訟も1件のぞいて和解しているそうだ。被害にあった人たちが納得しているのに、なお追求するのは、マスコミの「お約束」なんだろうか。

 その後、mixiニュースを見てまわったら、ホリエモンを「犯罪者」と批判するコメントが散見された。この人たちは、どういう人間なんだろう? ホリエモンの裁判はきわめてアンフェアだったけど、それでも本人は服役し、損害もつぐない、反省と謝罪を示している。それでも叩く神経は理解できない。

 この人たちは、ホリエモンによって不利益を被ったわけではないだろう。精神的苦痛を受けたと言うなら、訴えればいい。それもせず、いつまでも犯罪者呼ばわりするのは差別に他ならない。

 この人たちは、どうすれば人を許せるんだろう?
 というか、どんな罪がホリエモンにあると思っているのか?
 よくわかんないけど、なんとなく叩いているとすれば、醜悪な連中だ。

 きらいなら無視すればいいのに、わざわざ批判を口にする。暗がりから石を投げるような行為。そんな社会の性質を理解したからこそ、ホリエモンは謙虚になったのかもしれない。
 あぁ、いやな世の中だ。

コメント (Facebook)

思考回廊 日記
ホリエモンが仮釈放された