[Edit]
[日記2013年06月29日(土)に思った娯楽のこと

[ゲーム] the blockheads / 夫婦の協力プレイ

[ゲーム] the blockheads / 夫婦の協力プレイ

 嫁がiPadを手に入れたことで、私と協力プレイできるようになった。

 いくつか試した中で、嫁は「the blockheads」を気に入ったらしく、毎晩マルチプレイを求めてくる。はっきり言って、かったるい。理由は2つ。第1に私がすでにプレイ済みだから。第1にマルチはシングルより効率が落ちるからだ。

 the blockheads のキャラクターは疲労するので、随時休憩をとらなければならない。シングルプレイは適当に休めるが、マルチだとタイミングを合わせないと自分だけ動けない時間が伸びてしまう。しかし作業を止めるのは抵抗感がある。

「そろそろ疲れた?」
「まだ」
「こっちは駄目そう」
「これが終わったら寝るね」
「先に寝るよ」
「うん、もうちょい」

 the blockheads のマルチプレイはマイクで会話できるのだが、それでも面倒なものは面倒だ。それに序盤は探検やら精錬やらで、膨大な時間がかかる。かったるい。

 なのでシングルプレイで序盤の作業を片付けておくことにした。どの鉱石を、どのくらい採掘するか、どこでレベルを上げておくか、どのくらいタスクを予約できるか。すでにコツをつかんでいるから、ちょちょいのちょいだ。

 夜、嫁が iPad を起動して、状況の変化に気づく。必要な素材、道具がそろっていて、地下もあらかた探索されている。世界一周とか、極点到達と言った実績は残してある。喜んでくれると思ったが、嫁は顔を曇らせた。

「旦那さんはわかってない」

 そう言われてもなー。

Share