[Edit]
[日記2014年09月10日(水)に思った経済のこと

初代Apple Watchに興奮はなかった

初代Apple Watchに興奮はなかった

 毎年、新しい仮面ライダーの素っ頓狂なデザインに驚くが、放送されると慣れて、カッコイイと興奮してしまう。あのデザインセンスは本当にすごい。

 さて、9月10日にApple Watchが発表されたわけだが、正直、がっかりしている。
 理由は2つある。

 第一に、デザインがよくない。
 私の個人的な感覚だが、近ごろ腕時計をする人は減ったのではないか? そこかしこに時計があって、みんな携帯電話を持っているから、腕時計をする「必要」はなくなったのだ。それでも身に付ける理由は、「ファッション」しかない。だのにApple Watchは、既存の腕時計をかすませるデザインじゃない。
 ルイ・ヴィトンの腕時計部門を率いるビベール氏が、Apple Watchについて、「女性的すぎる上、既に出回っているスマートウオッチに似過ぎ」と指摘している。また「入学したての学生がデザインしたかのようだ」と酷評したが、私も同感だ。なんら目新しさがない。

 第二に、機能が足りない。
 スマートフォンが大型化する中で、スマートウォッチがあれば事足りる、とは言えないだろう。結局、スマートフォンとスマートウォッチの2つをもつのは馬鹿馬鹿しい。そこまでしてポケットからスマートフォンを取り出す手間を省きたいわけじゃない。

 コンセプト・アートを見るのは楽しかった。こんなSFガジェットが発売されたいいなぁと期待していた。だから、がっかりした。技術的に難しかったのか? だったら発売しなきゃいいのに。

 スマートウォッチや、ウェアラブルデバイスに未来がないわけじゃない。これから進化していくだろうから、十分進化したら購入を検討する。なんともまぁ、Apple製品らしくないファースト・インプレッションだ。

 初代Apple Watchは、初代iMacや初代iBook、初代iPod、初代iPhoneのような興奮はなかった。

Share

Next