日記  2015年04月25日(土) に思った 娯楽 のこと

[COOP記] PAYDAY 2: BBQ Pack で笑ってしまうこと

[COOP記] PAYDAY 2: BBQ Pack で笑ってしまうこと

 金曜夜は週に一度の「大人のマルチプレイの日」である。

 強盗シミュレーター「PAYDAY 2」の9回目。いつものように、殺して、奪って、逃げるという悪逆非道を楽しむわけだが、ゲーム仲間の1人が「BBQ Pack」(\498)を追加してきた。
 「PAYDAY 2」は、ダウンロードコンテンツ(DLC)として武器や装備を追加できる。しかし「金を払えば強くなる」「たくさん金を払った方が強い」というわけじゃない。ふざけた武器や装備も多いから、プレイヤーの嗜好品であり、プレイヤーの個性を演出するアイテムと言えるだろう。



Steam: PAYDAY 2: The Butcher's BBQ Pack

 「BBQ Pack」はその名のとおり、敵を丸焼きにする武器8種が追加される。中でも火炎放射器(Flamethrower)の効果はすさまじく、建物の中で引き金を引くと炎で前が見えなくなる。窓ガラスが割れ、木材は燃え、敵は絶叫を上げてのたうちまわる。
 ビジュアルはド派手だが、あんがいダメージは少ない。ただ敵を排除するなら、もっと効率的な武器がある。そうじゃなくて、火遊びしたいという大人のために用意されたDLCなのだ。

 そんなDLCを使うと聞いて、私は、
(まったく幼稚なやつだ)
 と思った。しかし焼かれた敵(警察やSWAT隊員)の絶叫を聞くと、なぜか笑ってしまった。

「ひいいいいやああああああ、いいいいいいいいーーーーー!」
「ぎいいやあああああああ、ひいい、ひいい、うああああーーー!」

 ダメージが低いから、焼け死ぬのに時間がかかる。敵が炎の中で踊り、苦しみもだえる姿を、プレイヤーはたっぷり堪能できる。

 火炎放射器が火を吹いても、銃撃戦は終わらない。私たちは集中して戦わなくちゃいけないのに、なぜか、笑いがこぼれてしまう。4人が4人とも、笑顔になる。

 ボボボボボウウ!
「ひいいいいやああああああ!!!!」
 ゴオオオオー! ゴオオオオー!

「あはは」
「うふふ」
「踊れ踊れーーーー!」

 ボボボボボウウ! ボボボボボウウ!
「ぎいいやあああああああ、ひいい、ひいい、うああああーーー!」

 なぜ笑ってしまうのだろう? こんな馬鹿なDLCが、きっちり作りこまれていることが楽しいのか? だとしても、笑いのメカニズムがわからない。4人が4人とも、うまく説明できない。

 有害図書とか、有害ゲームとか、鼻で笑ってきたけど、本当に有害なものが実在するかもしれない。やばいわぁ。

コメント (Facebook)

思考回廊 日記
[COOP記] PAYDAY 2: BBQ Pack で笑ってしまうこと