日記  2016年10月17日(月) に思った 科技 のこと

キーボードの消耗が早い

キーボードの消耗が早い

 またキーボードが壊れてしまった。

 [A]キーがペコペコするようになり、掃除したがダメで、水洗いしたら壊れた。起動すると文字入力が止まらない。水洗いオッケーと思っていたが、ちがったか? 新しいキーボードを買わんと。

 キーボードは消耗品なので、予備がある。この日記を入力しているの予備キーボード。古くて、大きくて、使い勝手もよくないが、捨てずに取っておいてよかった。比較的入力しやすい予備キーボードは、予備のまま使いつづけて壊れた。予備は使いにくいものがいい。

 これまで多種多様なキーボードを使ってきた。メンブレン、メカニカル、パンタグラフ、特殊ボタンが多い、人間工学うんちゃらデザイン、無線、カラフル、コンパクト......。

 どれもすぐ壊れた。
 高いキーボードがすこぶる使いやすいとか、すこぶる長持ちするわけじゃないから、「もう高いキーボードは買わない」と誓っている。

 近年は500円くらいのキーボードを使いつぶしているが、今回壊れたものは2月に購入したばかり。わずか8ヶ月で成仏とは、ちと早すぎる。左の小指に力が入りすぎか? ゲームのしすぎか? いずれにせよキーボードを大事に使う配慮なんてできない。

 さて、注文すっか。

コメント (Facebook)

思考回廊 日記
キーボードの消耗が早い