日記  2016年10月30日(日) に思った 社会 のこと

土人発言と基地問題とテロリズム

土人発言と基地問題とテロリズム

 沖縄県のヘリパッド工事中に、基地反対派が機動隊員に「土人」と罵られたことが政治問題となっている。「土人」がどういう意味の差別用語で、そんな言葉を口にする機動隊員を派遣する政府が決めた基地建設は即刻中止すべきという意見と、基地反対派の罵詈雑言を浴びせられる機動隊員に同情する声が対立し、収集がつかなくなっている。

 「それは差別!」「それはヘイト!」「それは人権蹂躙!」と言って相手の口を封じるのは、サヨクの常套手段。相手の反論にいっさい耳をかさないから、議論が成立しない。なにがサヨクで、なにが正義で、なにが最適解かはわからないが、相手の口を封じようとする人たちの思い通りにさせてはならない。

 私は事情をよく知らないが、機動隊員に不埒な人間がいることと、だから基地建設を中止すべしという主張には、飛躍があるように思う。
 機動隊員は言質を取られぬよう、特殊な訓練を受けることになるだろう。結果、なにを言われても無反応な、ロボットのような隊員が配備される。すると反対派は「差別的な視線で傷ついた」と言うだろうか? すると次はロボット警備員が配備され、反対派は「ロボットのせいで不安になった」とか「電磁波ガー」と言うだろうか?
 私は事情をよく知らないが、沖縄の基地問題って、そーゆーレベルで議論すべきことなの?

 基地反対派の論説で、共感できるものは見たことがない。言論統制とか、校閲とか、洗脳と訴える人もいるが、確たる論拠はない。つまるところ、「おれの賛同者が少ないのは平和ボケで、政府の陰謀で、アベが悪い」と言ってるだけ。

 機動隊員に罵られた→建設中止

 なんてことが通ったら、今後あらゆる工事が同じ方法で止められてしまう。沖縄にヘリパッドを建築することが政府の誤りだったとしても、こんなテロみたいな方法を成功させてはならないと思う。

コメント (Facebook)

思考回廊 日記
土人発言と基地問題とテロリズム