[Edit]
[献立2005年06月01日(水)に食べた和食

世界のヒラちゃん

世界のヒラちゃん

『世界の山ちゃん』の日記を公開したところ、妻の機嫌が悪くなった。
要約すると、「私も食べたい」ということらしい。
なので、味を再現してみることにした。

手羽先唐揚げ

塩、胡椒で下味を付けて、片栗粉をまぶして油で揚げる。仕上げに味醂、醤油、砂糖、酒を煮詰めたタレをふりかける。
食べてみる。うまい。ちょっと甘みが強いか。山ちゃんの辛さ、スパイシーさは出ていない。なので、胡椒をたっぷりかける。まだ足りない。
「あの胡椒の強さはどうやっているのだろう?」
まぁ、いいや。これはこれで、うまかった。

ネギ入りオムレツ

卵4つに、適量のだし汁、軽く湯通ししたネギと混ぜ合わせて焼く。仕上げには刻み海苔をパラパラ。あっけないメニューだ。
しかし味は、ほぼ再現できた。こんな味だったと思う。

豚しゃぶ

細切れ肉をゆでるだけ。スライスしたタマネギ、千切りした大根をのせて、ポン酢をかける。
これも再現できた。こんな味だった。

「なんだ、やればできるじゃないか」
と自慢できるほどのメニューでもないが、まぁ、よかろう
100点とは言わないが、100点とる必要もない。

──家で再現するつもりで外食する
すると、真剣に食べるようになる。ただ「うまい」ではなく、「なぜ、うまいのか」と考える。材料は? 切り方は? 調味料は? 分量は? 調理法は? ラジオを分解するように、その仕組みを解き明かしていく。「こう作っているのではないか」「いやいや、こうではないか」と仮説を立てて、実践し、味を検証する。
1回の外食で、たっぷり楽しめるようになる。

せっかく金を払うのだから、徹底的に味わい尽くす。

最近になって、そういう食べ方(楽しみ方)ができるようになってきた。
……そんな感じがする。

Share

Next