献立  2006年01月20日(金) に食べた お取り寄せ

生さば寿司

生さば寿司

 今夜は『生さば寿司』を食べた。

 福井県にある「萩」という店は、ネットで注文を受け付けて、商品を配送する仕組みを考えた。「これにより、ほとんど生のさば寿司を提供できるようになった」とテレビで紹介されていた。
賞味期限は36時間。届いたその日に食べなければならないそうだ。
 興味を引かれたので、注文してみた。

さば寿司

 鯖(さば)を使った棒寿司の一種、または鯖のなれ寿司のこと。塩・酢で〆めることによって、日持ちをよくしていた。若狭(福井県)の郷土料理として有名。

 2004年末、京都で本場のさば寿司を食べた。めちゃめちゃ酸っぱかった。日持ちをよくする必要性が薄い現代において、この調理法はどうなんだろうと思った。こうした背景もあって、生さば寿司に興味があったのだ。

 食べてみた。
 なるほど、酸っぱくない。分厚いさばがイイお味で、食感も楽しめる。比べると、酢飯がちょっとキツイかな? いや、キツくはない。さばが美味しいので、酢飯が邪魔になってしまうんだ。このさばを醤油につけて、ごはんで食べてみたくなりましたよ。「べらぼうにウマー!」というわけではないが、いい経験をさせてもらった。

 考えてみると、おもしろい。

 ほとんど〆ない生さば寿司なんて、地元でなければ食べられない。それを東京の、しかも一般家庭の食卓で楽しむなんて、江戸の昔はもちろん、数年前でも考えられなかった。
 若狭湾の鯖も、板前の技術も、搬送経路もあった。ネットがそれらをつないだといえる

(楽しい時代に生きてるなぁ......)

 もぐもぐ食べながら、そんなことを考えた。
 ごちそうさま♪

コメント (Facebook)

お取り寄せ (15)

思考回廊 献立
生さば寿司