献立  2008年09月13日(土) に食べた 洋食

自家製カレールウの悩み

自家製カレールウの悩み

 嫁が自家製カレールウに挑戦した。

 スパイス調合からではなく、カレー粉からルウを作る。シチューを作るのと同じ要領だ。どえらい手間と時間がかかったけど、味は悪くなかった。ジャムやピューレが多かったのかフルーツカレーのように甘いけど、とても辛い。豚肉とあわせて、美味しく食べられた。

材料:

  • カレー粉
  • 小麦粉
  • タマネギ
  • チキンブイヨン
  • コンソメの素
  • 醤油
  • グレープフルーツジャム
  • トマトピューレ

作り方:

  1. フライパンで小麦粉を40分炒める(から煎り)。
  2. 1とは別に、タマネギを飴色になるまで炒める。
  3. 1から小麦粉を取り出し、カレー粉を軽く炒める。
  4. 3に1(小麦粉)を加えて、チキンブイヨンを少しずつ加える。
  5. 4に2(タマネギ)を加えて、少し煮込む。
  6. グレープフルーツジャム、コンソメの素、トマトピューレ、醤油、様子を見て水を加える。
  7. できあがったカレールウ(ソース)を一晩寝かせる。
  8. 豚肉を一口大に切って炒め、5といっしょに少し煮込む。
  9. 仕上げにバターを加え、味を調える。
  10. ポークカレーのできあがり。

 悪くはない──。
 しかし市販品の何倍もの手間と時間、それに費用をかけるのだから、悪くない程度では駄目だ。手作りするだけの意義が必要だ。とはいえカレーの具にこだわっても、ルウへのこだわりは少ない。これから、なにを目指せばいいのだろう?

  • 市販品より簡単 →×
  • 市販品より安上がり →×
  • 好みの味を作れる →?

 先日の餃子と違って、こいつぁ悩む。どう考えても、市販品の方がオトクだ。たまさか材料があって、気分がノっているときは別としても、日常的に作る意義はとぼしい。

 ふたたび作ることはないかもしれない。

コメント (Facebook)

思考回廊 献立
自家製カレールウの悩み