献立  2009年08月12日(水) に食べた 洋食

ブロッコリー(セロリ)チェダー

ブロッコリー(セロリ)チェダー

ブロッコリーとセロリの葉があったので、チェダーチーズシチューを作った。

原点は2005年にecute 大宮の『Chowder's』で食べたブロッコリーチェダー。ブロッコリーの新しい食べ方に感動し、家でも作ってみた。その後も何度か作ったが、チェダーチーズは高いので、6Pチーズを使ってばかり。それを今回は、ちゃんとチェダーチーズで作ったのである。

む、意味が伝わってないな。もう少し説明する。

私はチーズが大好きだけど、この数年は買い控えている。値段はどんどん高く、分量はどんどん少なくなっているからだ。チーズは貴重品であり、お菓子のように食べるわけにはいかなくなった。
料理にポイポイ入れるのもやめた。カレー、シチュー、お好み焼き、サラダ、サンドウィッチ、ハンバーグ、フライ、餃子、春巻き、おにぎり、グラタン、リゾット、磯辺揚げ......。試してみると、チーズなしでも悪くない。こうしてわが家では、いかにチーズを使わないで料理するかがテーマになった。
それを今回は、特別にチェダーチーズの使用を許可したのである。
どうだろう。意味が伝わっただろうか。

とはいえ、べらぼうに高い品を買ったわけじゃない。作り方も、市販のルゥにチェダーチーズを足しただけ。しかしやっぱりチェダーとシチューは合うね。ぐっと風味がよくなった。

誤算だったのは、セロリの葉っぱ。
香味が強かったので、チェダーで打ち消すつもりだったが、打ち負けてしまった。セロリ部分を食べると、口の中はセロリの香味でいっぱいにある。えぐー。とはいえ、残さず食べることができたのは、チェダーのおかげ。
チェダーチーズ、よく頑張った。その健闘を称えよう。

今回のセロリは強敵だったが、ふつうのセロリなら勝てる勝負だった。
まぁ、ふつうのセロリなら、チェダーチーズの力を借りるまでもなかったか。

コメント (Facebook)

思考回廊 献立
ブロッコリー(セロリ)チェダー