献立  2010年05月10日(月) に食べた 洋食

シャリアピン・ステーキの限界

シャリアピン・ステーキの限界

結論から言えば、食べたことがない料理を再現するのは無理だった。

前回にひきつづき、シャリアピン・ステーキのことである。今度はレシピ通り、ニンニクやワインを使って、肉を漬け込んでから焼いた。たぶん、レシピどおりの味になったと思うんだけど……うーん? 肉は柔らかくなったと思うが、それが旨味になってない。
シャリアピン・ステーキって、こんな味だったっけ? しかし記憶を探っても、手本となる味が出てこない。だからなにが足りないのかわからない

嫁はシャリアピン・ステーキを食べたことがない。私も、ステーキ屋の卓上にあったシャリアピン・ソースを使っただけ。たしか……タマネギが入っていて、甘辛だった(ような気がする)。タマネギ入りのテリヤキソースだったかもしれない。いずれにせよ、私もシャリアピン・ステーキを食べたことがないようだ。

やはり食べたことがない料理を再現するのは無理だ。「あの味を作りたい!」ってモチベーションがないと、料理も楽しくない。化学実験みたいだ。
外食で新しい味と感動を仕入れてくることには、大きな意義がある。

コメント (Facebook)

思考回廊 献立
シャリアピン・ステーキの限界