[Edit]
[献立2011年01月16日(日)に食べた魚介

イナダをさばいた

イナダをさばいた

 近所のスーパーでイナダを1尾、買ってきた。

 ふだん、魚をまるまる1尾買うことはない。しかし勝山漁港のシマアジがうまかったので、追体験したくなった。漁港への買い出しは難しいが、1尾をさばくことでより安価に、より多くの喜びを得られるだろう。

 イナダは298円だった。けっこう安い。いつもあるわけじゃなく、冬場だけ出回っている。去年も見かけたが、買わなかったのだ。東京湾で釣ったアジとサバをさばいた要領で包丁を入れる。イナダは、自分が釣ったアジより大きく、勝山漁港のシマアジより小さい。うちにある包丁でさばけるのは、このくらいが限界かも。

 とれた刺身は、期待したほど多くなかった。しかし夫婦で食べるには十分だ。シマアジほど脂がのってないが、ぷりぷりした食感はよい。
 魚のおいしさが鮮度によるなら、1尾で売っている魚の方が新鮮と言うことだろうか?

 切り身や刺身のように小分けすると、ちょびっとずつ食べられるけど、割高になる。それ以前に、料理スキルを向上させるチャンスを失っているかもしれない。
 可能なかぎり、1尾まるごとさばいた方がいいようだ。また挑戦しよう。

Share