献立  2012年05月16日(水) に食べた 和食

問題は量だ / 自家製 きゅうりのキューちゃん漬け

問題は量だ / 自家製 きゅうりのキューちゃん漬け

 キューちゃん漬けのレシピが見つかったので、作ってみた。

 「きゅうりのキューちゃん」は東海漬物の商品。実家にいたころは何度か食べたが、最近はご無沙汰している。なんか特別な製法があると思っていたが、つまるところ醤油漬けだった。

作り方

  • キュウリを湯がく
  • 切ったキュウリを、ふきんなどでしぼる
  • 付け汁で煮込む
  • 冷めたら、冷蔵庫へ

付け汁の配分

  • 醤油 ... 200cc
  • みりん ... 100cc(なければ砂糖で調整)
  • 酢 ... 60cc
  • 鷹の爪 ... 適量(多すぎると辛い)

 キュウリを湯がく前に切るか、湯がいてから切るか、付け汁の配分、煮込む時間などにバリエーションがあるが、できあがりに大きな差はない。つまり、テキトーでいいようだ。
 試しに湯がく工程を省いてみたら、堅いキュウリ漬けになった。これは駄目。ちゃんと湯がいて、しぼるように。

 最大の難点は量だ。3本くらいじゃ手間に見合わない。付け汁も無駄になる。
 吉川の農家は数十キロのキュウリをいっぺんに漬けるらしい。なんでも洗濯機でしぼるとか。そこまで大量でなくとも、1kgくらいは漬けてみたい。


コメント (Facebook)

思考回廊 献立
問題は量だ / 自家製 きゅうりのキューちゃん漬け