献立  2013年08月04日(日) に食べた

自宅でナポリタンが定着した

自宅でナポリタンが定着した

 パンチョ以来、ナポリタンを練習してきた。

 今日で10回目くらいかな。まぁ、レシピどおりに作ればいい簡単メニューだけど、繰り返すことで味が安定してきた。ペペロンチーノにつづき、緊急時に作れるメニューとなった。嫁はナポリタンが大好きで、パンチョに連れて行けとうるさかったけど、私が作れるようになればお手軽だろう。
 参考にしたのは下記レシピ。

ソース(2人前)

  • ケチャップ 大さじ8 (120g)
  • ウスターソース 小さじ2 (12g)
  • 牛乳 大さじ2 (30g)
  • チリパウダー 小さじ1 (6g)

具材

  • 玉ねぎ1/2個
  • ピーマン2個
  • ウインナーかベーコンなど

全体の流れ

  1. 鍋に水を注いで点火。
  2. ソースを作る。
  3. 玉ねぎ、ピーマンなどの具材を用意する。
  4. 湧いてきたらパスタ投入。
  5. 具材を切って、フライパンで炒める。
  6. ソースを加熱して、酸味を飛ばす。
  7. 茹であがった麺をフライパンに投入して、炒める。
  8. 完成。

 ペペロンチーノより手間がかかるから、台所を離れられない。 ナポリタンソースを作るとき、ウスターソースの入れすぎに注意。ピーマンの茹で時間は1,2分でいいようだ。茹で上がりから逆算して、タイミングを合わせる。

トッピングのこと

 味がシンプルなので、トッピングがあると興奮度が高まる。パンチョの場合、目玉焼き(+50円)、厚切りベーコン(+200円)、チーズ(+100円)、ハンバーグ(+200円)だったから、大胆に買い物してもいいだろう。
 ただし、タイミングは難しい。ナポリタンがアツアツのうちにトッピングを載せたいが、ナポリタンを炒めながら、もう1つのフライパンの様子を見るのはたいへんだ。まぁ、すごく難しいわけじゃないけどさ。

 ナポリタンのアツアツを食べるのがうまい。そこは強調しておきたい。

コメント (Facebook)

思考回廊 献立
自宅でナポリタンが定着した