献立  2015年04月19日(日) に食べた デザート

業務用スーパーの水ようかんの破壊力

業務用スーパーの水ようかんの破壊力

 業務用スーパーで、牛乳パックに入った水ようかんを見つけた。

 最初は「水ようかん風のジュース」だと思ったが、手にすると重く、振っても液体の音がしない。中身はぎっちり、水ようかんが入っているようだ。お値段158円(税別)で、1キロ、7人分か。
 嫁を見ると、ふるふる首をふった。

 私は1キロの水ようかんを1人で食えるか?

 よろしい、ならば買おう!

 家に帰って注ぎ口を全開にする。おそるおそる傾けると、ずるんと黒い直方体が出てきた。やっぱり水ようかんだ。スプーンを刺すと、ぱっくり割れた。残りはパックの中に引っ込んでもらって、冷蔵庫へ。しばらく大丈夫だろうが、長くは保たないな。可及的速やかに食べなければ。

 スプーンでぱくぱく食べる。
 甘い。容赦なく甘い。ブラックコーヒーを飲むが、それでも甘い。パッケージには「甘さ控えめ」と書いてあるし、たしかに甘さ控えめなんだけど、たくさん食えば関係ない。皿に盛った分を片付けても、まだたくさん残っている。だから、「もういやだ」と思うまで食える。

 ぱくぱく、ぱくぱく、もういやだ。

 ぱくぱく、ぱくぱく、もういやだ。

 ぱくぱく、ぱくぱく、もういやだ。

 ぱくぱく、ぱくぱく、もういやだ。

 ぱくぱく、ぱくぱく、もういやだ。

 ぱくぱく、ぱくぱく、もういやだ。

 なんというか、奇妙な充実感がある。ただ血糖値が上がっているだけかもしれないが。

 しかも意外に飽きない。たぶん、一口サイズの水ようかん=1キロ分だったら、飽きていただろう。牛乳パックに水ようかんを詰めて販売するなんて、よく思いついたもんだ。

 食べ終わって数日後、「また食べてもいいかな?」と思いはじめた。

 生クリームやチョコレート、プリン、ゼリー、ソフトクリーム、ドーナッツ...。
 甘いモノはちょっとずつ、いろいろ食べることが幸せだと思っていたが、圧倒的質量という選択肢もあるんだな。

 冷蔵庫を開ける。そこにもう、あいつはいない。

コメント (Facebook)

デザート (68)

思考回廊 献立
業務用スーパーの水ようかんの破壊力