献立  2015年06月18日(木) に食べた 缶詰・レトルト

悲しいけど、ツナは缶詰サイズがちょうどいい

悲しいけど、ツナは缶詰サイズがちょうどいい

 ツナのレトルトパウチ(500g/850円)を買ってきた。

 ツナは大好きな食材だが、捨てられる容器(空き缶)がモッタイナイと感じていた。なのでメトロで業務用ライトツナフレークのレトルトパウチを見たときは、これだと思った。

 食べてみると、500g はけっこう多かった。思いつくかぎりのツナ料理を作ったが、やっぱり飽きる。最後は義務感に苛まれた。缶は小さいと思っていたが、ちょうどいい食べきりサイズだった。

 しかもレトルトは缶詰より割高だった。レトルトパウチは、缶詰より安価な容器に思えたが、ちがったのか。あるいは缶詰は長期保存できるから、安く流通できるのか? 割高でもお店で使うなら、いちいち開缶して、空き缶を捨てる手間が省けて便利かもしれない。うーむ。業務用の特大サイズが、つねに割安とはかぎらなかった。

 ツナは缶詰でちょびちょび食べるほうが、幸せになれるようだ。

コメント (Facebook)

缶詰・レトルト

思考回廊 献立
悲しいけど、ツナは缶詰サイズがちょうどいい