レビュー  1986年05月21日  に発表された 

ザ・超女 OVA
Maris the Chojo

2ツ星

悲惨すぎる

ぽっちゃり感のあるマリスはいい感じ。スーもきれいだし、よく動いてる。しかし短編ギャグマンガに45分は長すぎた。水増ししたエピソードは歯切れが悪く、原作にあったギャグもすべってる。
スペースオペラなのに生活感たっぷりというちぐはぐさが本作の魅力だが、両親の借金や失われた故郷のエピソードが混じると笑っていられない。砂漠に焼けた素足も痛々しい。ちょっとやりすぎ。

初期のうる星やつらのように、30分2話構成にして、2話目をオリジナルにすればよかったと思う。

 Googleで「ザ・超女 OVA」を検索する
 Wikipediaで「ザ・超女 OVA」を検索する
 IMDBで「Maris the Chojo」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] 4091218571
思考回廊 レビュー
ザ・超女 OVA