レビュー  2011年09月09日  に発表された 

宮部みゆきスペシャル 魔術はささやく (フジテレビ版)
Majutsu ha Sasayaku

2ツ星

なんとも浅い

第2回日本推理サスペンス大賞で大賞を受賞した作品なので見てみたが、思っていた以上に薄っぺらい。サブリミナルや後催眠による効果が強調され、犯行の動機や人間ドラマがおざなりにされてしまったのか。あるいは人間ドラマが弱いから、殺害方法に目が向くのか。いずれにせよ、おもしろくなかった。

殺害方法はファンタジーでもいい。本質はハウダニットじゃない。
自分の意識をコントロールされることの恐怖、コントロールされていることに気づけない恐怖。法律で裁かれなかった人たちが、法律で裁かれない方法で殺される皮肉。あるいは、罪悪感をもった人しか殺せない皮肉。そのあたりを掘り下げてほしかった。
原作小説は掘り下げているのかもしれないが、ドラマはさっぱり駄目だった。

 Googleで「宮部みゆきスペシャル 魔術はささやく 」を検索する
 Wikipediaで「宮部みゆきスペシャル 魔術はささやく 」を検索する
 IMDBで「Majutsu ha Sasayaku」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] 4103750049
思考回廊 レビュー
宮部みゆきスペシャル 魔術はささやく (フジテレビ版)