[Edit]
[レビュー1987年05月21日に発表された 

プロジェクトA子 2 大徳寺財閥の陰謀

Project A-Ko 2: Plot of the Daitokuji Financial Group

ほんとうに意味のないアニメ映画

20年ぶりに見たけど、声に戸惑う。こんな声だったっけ? すぐ慣れるかと思いきや、ずっと違和感がつきまとった。脳内で別の声に置換されてしまったらしい。

さておき内容に目を向けると、清々しいほど意味がない。とこどころ動きのいいシーンはあるけど、列挙する穂ではない。展開はいい加減で、ギャグも滑りっぱなし。最後の最後まで決まらない。ある意味、すごい作品だ。

ところで美少女を前面に押し出したシリーズなのに、意外と男性の裸体露出が多い。なぜ見苦しいものを見せるのか。そこに哲学的な意味が隠されているような気がしないでもないが、まぁ、どうでもいい。

本作の見どころは、A子が水着に着替えるシーン。むやみに肌をさらさず、コンパクトかつスピーディに着替えている。脱いだ衣類の扱いもぞんざいで、妙にリアルだった。

Share

Next