[Edit]
[レビュー1963年12月25日に発表された 

逆転 The Prize

まぁ、可もなく不可もなく

ノーベル賞の授与式を舞台にしたサスペンス。受賞者のすり替えを、反骨の小説家が暴く。後半の展開はいい加減だが、細かいことを言うべき映画じゃない。サスペンスとロマンスを気楽に楽しもう。
相棒となる外交官(エルケ・ソマー)の、つんとすましたところがかわいい。あの距離感を保ったまま結ばれない方がよかったと思う

Share

Next