レビュー  1997年03月28日  に発表された 

クラッシュ・ダイブ 急速潜航
Crash Dive

2ツ星

主人公に華がない

特殊工作員でありながら、原子力潜水艦を設計した主人公は、退役したのに軍に呼び出され、テロリストが占拠する死地に単独で送り込まれた上、軍から抹殺されそうになる。なんとか生還したのちは、自分を切り捨てようとした女性少佐と結ばれる。
やりたいことはわかるけど、詰め込みすぎだし、メリハリがない。いちいち子どもをからめるのも興ざめ。潜水艦クルーたちの葛藤(正義のために死ねるか)も弱い。『メタルギアソリッド』の劣化コピーにすら、届いてないよ。

最大の難点は、主人公がぱっとしないこと。いろんな経歴とスキルがあるわりに、行動が平凡すぎる。股から白鳥の首をのばすくらいの個性がほしかった。

 Googleで「クラッシュ・ダイブ 急速潜航」を検索する
 Wikipediaで「クラッシュ・ダイブ 急速潜航」を検索する
 IMDBで「Crash Dive」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00004TYZ2
思考回廊 レビュー
クラッシュ・ダイブ 急速潜航